痔ろうの手術を回避して治せた 私のケース

痔ろう(ぢろう)という言葉を知っていますか? 痔ろう(ぢろう)とは、お尻の不調の代名詞である痔(ぢ)において、完治するまで最も時間がかかる病状です。痔は状態によって3つに分類できます。その痔の中でも痔ろうは、診断された場合手術をしなければほ...
子育て

子ども用の漢方薬 そして整腸剤

先日、子どもが風邪を引いたため漢方薬を購入して飲ませていました。親になり思うのですが、幼児は本当に風邪を引きやすいですね。両親には改めて感謝です。 今回の風邪はなかなか治りが遅く、子どもと妻、私を含む家族全員が疲弊していました。 腸内環境へ...

関連株的思考と、駆虫薬の話

以前私は株式投資で大やけどを経験したことがあります。関連株投資といって、関係性のある会社や分野に対する投資をするものでした。 関連するといってもまったく同じではないわけで、期待通りにならなかったわけです。 薬において、含まれる成分を関連株の...
おすすめの本

子育てする親は絶対に読むべき本 100人以上の薬剤師と話した中で見つけた至高の1冊

私は営業として薬局を回ることが多く、話をするのは専ら薬剤師の方々です。読書が好きと伝えていることもあってか、これまで紹介いただいた本は100冊を超えます。 その中で、今このタイミングでこそ紹介したいと思うのは「こわいカゼ薬 子供たちが急死・...

家庭菜園から学ぶ農薬国産化100周年

「家庭菜園×子育て=食育」というゆるい教育方針を立てて始めた家庭菜園でしたが、父として学ぶべき案件が持ち上がりました。 虫のつかないきれいな野菜を作るために、使われている 農薬 について学んでまとめていきます。 なんと、今年は農薬国内生産開...
登録販売者

登録販売者試験に4ヶ月で挑む②

試験勉強を開始してから約1か月が経過して、参考書(約400ページ)のちょうど真ん中あたりに差し掛かった時のことです。 勉強を開始した時の記事はこちら 最初はとても進みが良かったのに、ある地点から急ブレーキがかかりました。いわゆる難所にぶつ...
おすすめの本

うつは本当に薬で治らないのか?

私は内科医の内海聡医師(以下内海医師)の書く本が好きです。本文の書き方は…過激という表現が適切でしょうか…?気を悪くする方がいるかもしれません。 しかし、内容がとても論理的なのです。論点がそもそもずれない、まどろっこしさがない、そして事実に...
登録販売者

登録販売者試験に4ヶ月で挑む①

私は医薬業界で健康に関わる仕事をしています。せっかく健康に関わっているので、現場の情報を伝えたいと思い、記事を書き始めました。 私が何らかの資格を有していたうえで、情報発信しているのであれば、その言葉には信憑性があると思います。しかし、今現...
子育て

家族の薬に対するギャップ

この話は、実際に我が家で起きた話です。 育児中、子どもに熱が出た場合、みなさんはどうしますか? 私と妻は共に、子どもが健やかに育つことを願っています。しかし、病気のとらえ方の違いとアプローチにギャップがあることが分かりました。 37.5度...
タイトルとURLをコピーしました